子連れ飛行機の旅/ 体験から学んだ、機内用荷物の必需品と準備ポイント

スポンサーリンク

ミッション・インポッシブルの子連れ・長距離フライト。

最低限の準備や心構えをしておかないと、飛行機の中で大惨事になり、旅の始まりにママも子どももクタクタになってしまう事も・・・

 

そこで、前回は「長距離フライトを地獄にしない為の、航空券予約のポイント」をお伝えしました。(記事はこちら

今回は、「機内用の手荷物の必需品と、準備するポイント」について、1歳児を連れて飛行機に乗った体験をもとに記載します。

子どもの年齢や個人差・飛行機の滞在時間によって、違いもあるかと思いますので参考までに。

【子ども用】機内に持ち込む手荷物 必需品

機内に持ち込める手荷物は、個数に制限があります。大人用の手荷物1つの他、赤ちゃん用の手荷物も1つ、機内に持ち込む事が可能です。

以下は、実際に必要だったアイテムを抜粋しました。

 

  • 子どものパスポート

新生児でも、パスポートが必要です。

  • おしゃぶり

耳抜き用に必須。おしゃぶりを使わない場合の耳抜きは、授乳または水分を飲む事で対応。

  • ドリップラン(フランスの子ども用の解熱剤)などの解熱剤

過去に、機内で高熱を出して困った事があるので、我が家では必須。あると安心です。

  • 常用しているクスリ

風邪薬や吐き止めなども、念のために入れておくと安心です。

  • 解熱剤をはじめ、持参するクスリの処方箋

空港の手荷物検査の際、万が一NGが出た場合は、処方箋があれば通過できる可能性大。

  • 体温計

子ども用の、短時間で測定できる体温計があると便利です。

  • 哺乳瓶やマグなど、飲み物カップ

ストロー付きマグに入れた飲み物は、機内で飛び出すことがあるので注意です。

  • ジュース 

本来、液体の持ち込みは不可ですが、子ども用のジュースであれば、手荷物検査も通過できます。

  • お水

水筒に入れて持ち込みました。子ども用の飲料水ということで、手荷物検査でも問題なし。ついでに、大人用に入れていたペットボトルのお水も、没収されませんでした。

  • 粉ミルク 

ミルクを作るためのお湯は、機内でもらう事が可能です。

  • お菓子 多めに

気に入って食べるお菓子を多めに持参。機嫌が悪い時の必須アイテムです。

  • 食品(別記事で詳しく記載)

航空会社によっては、子ども用の機内食を用意していない場合もあります。子どもの機内食を予約している場合も、好みが合わない事も予想して、食べ慣れた食品は持参している方が吉。子ども用の食品も、手荷物チェックで通過可能です。

  • スプーンやフォーク

子ども用に機内でも貸してもらう事もできましたが、使い慣れているものがあると安心です。

  • 前かけ 2〜3枚

食事用のスタイも忘れないように。

  • ハンカチサイズのタオル 5枚以上

子どもの手や顔を拭く用など、何かとあると便利です。

  • ポケットテッシュ 3〜4個

機内で子どもの鼻水が止まらなかったので、テッシュはよく使いました。

  • 汚れた物を入れる大きめの袋 2〜3枚

着替えた洋服や、食べ終わった食品を入れる袋があると便利です。

  • 子どもの着替え 2セット以上

機内で過ごしやすいラクなものを。水をこぼしたり、吐いたりする事もあるので、上下のセットを最低2セットは持参したほうが良いです。私は多めに4セット入れましたが、そんなに必要なかったです^^;

  • ママ&パパの着替え 1セット

子どもがこぼした飲み物や、おう吐物がママ&パパのお洋服にかかることも多々。今回、子どもが途中でミルクを戻したため、私の洋服もビチャビチャになり・・自分の着替えを持っていなかった私は、悪臭を放ったまま機内で子どもと格闘していました。

  • オムツ 5枚以上

必須アイテムのオムツは、多めに持参することがオススメです。航空会社によっては、オムツを提供してくれる事もあるよう。

  • お尻ふきシート or お尻ふき用クリームとコットン

オムツと同様に、十分に用意しておいた方がいいです。

  • オムツ替え用のタオル

機内のトイレには、折りたたみ式のオムツ替え台があります。そのオムツ替えは固いので、クッションになるようなオムツ替え用のタオルがあると便利です。荷物が多くなる場合は、機内のブランケットでも代用できますが、汚してしまう事もあるのであると便利です。

  • オムツ替えの道具を入れる袋

トイレへ移動する際に、オムツ・お尻ふきグッズ・オムツ替え用のタオル・着替え などを入れる袋があると便利。

  • 子どもの好きなおもちゃ

他のお客さんに邪魔にならないような、音が鳴らない小ぶりなおもちゃをいくつか持参。

  • ベビーカー or 抱っこひも or 両方

空港内を移動するには、個人的にはベビーカーがラクですが、ママと子どもにとって快適な方を。ベビーカーは機内に持ち込めないので、搭乗直前に預かってもらいます。

注意:乗り継ぎ便の場合、最初にベビーカーを預けると、乗り継ぎの空港で使えない場合もあります。機内の荷物棚に収まるサイズの、超コンパクト収納できるベビーカーであれば、機内にも持ち込みが可能。

  • 防寒着 1着

機内は冷えるので、はおれる防寒着があると便利です。機内のブランケットでも代用可。

【子ども用】機内に持ち込む手荷物 荷作りのポイント

大きなバッグに荷物をすべて詰め込んでしまうと、頭の上の荷物棚から出し入れが大変です。

その対策として、機内ですぐに使うものは、足元に置けるサブバッグに入れておくと便利!

例えば、オムツ1〜2枚、直近で食べる食品、飲み物、ミニタオルなどは、サブバッグに入れて身近に備えておくと、急ぎの時も取り出しがラクです。

 

それから、子ども用の食品や飲料水は、手荷物検査の時に念入りに検査されるため、すぐに取り出せる状態にしておいたほうがスムーズです。

なので、子ども用の食品や飲料水は、ある程度まとめて入れておくか、取り出しやすい場所に入れておきます。

そうすると、手荷物検査の際に、荷物を掘り返して食品類を探す手間を省くことができます。

 

スポンサーリンク