フランス語検定「DELF/DALF」試験会場リスト(パリ)

スポンサーリンク

私事ですが、フランス語検検定「DELF:Diplôme d’Etudes en Langue Françaiseというものを、(やや強制的に)受ける機会が訪れて、昨年末に受験して参りました。

受験にあたり、準備をするわけですが、中でも試験会場探しは結構面倒でした。そこで、今回は個人的に調査したDELFの試験会場(パリ)をリストアップします。

「これから初めてDELF/DALFを受験するけど、どこに行ったらいいの?」という方は、参考までにご覧ください。

受験会場リスト4カ所

(1)Alliance francaise Paris Ile-de-France

語学学校の中でも有名なアリアンス・フランセーズ。学校の生徒さんは、試験料の割引があります。

 

(2)prosodia

研修センターのようなところ。外国人のためのフランス語講座もあります。試験会場は2カ所設けていて、場所によって値段が変わります。(後述)

  • 会場:11 rue des Réglises 75020 Paris / 3 Promenade de la Bonnette 92230 Gennevilliers
  • サイト: http://www.prosodia.fr/

 

(3)acte-paris

フランス語関連の試験に対応したアソシエーション。DELF A1〜B2の受験が可能(DALFは開催していない)。インターネットで試験の申し込みができます。

  • オフィス:10 rue du Buisson Saint Louis 75010 PARIS
  • 試験会場:Ivry-sur-Seine (94) もしくは、Saint-Denis (93)
  • サイト:https://acte-paris.org/

 

(4)Université Paris13(パリ郊外)

パリ第13大学。試験は5月(申し込みは2〜3月)と受験タイミングが限られます。

 

Q&A【4会場 比較】

受験料は会場によって違うの?

はい、会場によって若干値段が違います。(以下表を参照)

※Alliance francaiseに関しては、生徒は15%割引あり

中でも比較的安いのが、prosodiaのジュヌヴィリエ会場、パリ13大学と郊外組です。それにしても、むっちゃ高いですよね?受験料。

しかしですね、この料金が試験勉強のモチベーションになりました。落ちて何回も払うのは避けたいので。

受験してからいつ頃ディプロム取得できる?

資格証明の受領まで、待機期間は会場によって違いますが、どの会場も受験する→まずは合否の発表→合格証明書の取得という流れです。(以下表を参照)

はい、どの会場もずいぶん待たされますね。

一番早そうなのは、「prosodia」なので、私はここで受験しました。スタッフさんも適度に優しかったですし、結果通知〜証明受領までも、予定の待機期間通り(若干早かった)で良かったです。

ご参考までに!

スポンサーリンク