歯磨きイヤイヤ!そんな子供に歯磨きを習慣づける、お助けアイテム

スポンサーリンク

今回は、前回に引き続き「歯磨き」ネタです。

前回は「大人用」の歯ブラシの話でしたが、今日は「子ども用」の歯ブラシについて。

「子どもが歯磨きを嫌がっている」とお困りのママ&パパさんへ、お役に立てるかもしれない歯磨きグッズの紹介です。

うちの子どもは、2歳を過ぎても歯磨きから逃げ回って、まったく歯を磨いていませんでした。。どうしようかといろいろ試したところ、ある歯ブラシを使って楽しく磨くようになったので、そのアイテムを以下でお伝えします。

フランスの子どもが歯磨きを始める時期

はじめに。ちょっと余談ですが、フランスの子どもは歯磨きを開始する時期が、2歳頃のようです。

子どもがまだ1歳前後の頃、フランスの保育園の先生に「歯磨きを嫌がるのですが…」と相談したことがありました。すると先生は、「まだ早いわよ。歯磨きは2歳からでいいわよ〜」ということ。小児科の先生にも同じ質問をしたところ、同じ回答でした。

ということで、そのお言葉に甘えて、うちの子どもは2歳までまったく歯磨きをしていませんでした^^;

しかし、ついに2歳になったので、新たなるミッション「歯磨きの習慣」へ挑んだのですが、まぁ磨かないですよね。嫌がって逃げ回るわ、歯ブラシを放り投げる。

フランス人は、どうやって子供に歯磨きをさせてるの?

なもんで、また保育園の先生に「歯磨きを習慣づける方法」の助言を求めました。

すると先生、「歯ブラシ持たせて、自分でやらせればいいのよー」とのこと。

うーん。自分で磨かないから聞いたんですけどね・・・。まぁ自主性が大事だということかと受け止めて、いろいろ試してみました。子どもの自主性を重んじてw

このアイテムを使って磨くようになりました

それで、いろんなアイテムを試してみたのですが、一番効果があったのは、こちらの歯ブラシです。

歯磨きが楽しくなる!光る&音楽付きの電動歯ブラシ

この電動歯ブラシを使うようになってから、歯ブラシに飛びついて自ら口にくわえています。

確かに、この電動歯ブラシは楽しい!

 

①イルカのデザイン

デザインは、持ち手の部分が、かわいらしいイルカになっております。

 

まあイルカに関してはうちの子はスルーでしたけど、一般のキッズ歯ブラシよりも太いので、手にしっかり持ちやすい仕様です。

 

②キラキラ光る☆

そして、カラフルなLEDランプ付き。

まず、ボタンを1回押すと、ヘッドの部分が発光します。これは、ママ&パパが子どもの口の中を確認するためのランプとしても便利だし、これを見せると子どもは喜んで寄ってきます。

 

③楽しい音楽が流れる♪

さらに、ボタンを押すと、振動と同時に英語のミュージックが流れます。

ママ&パパが知っているような人気音楽(7種類あり)が流れるので、歌ってあげればもうルンルンで自ら口に入れて遊んでいます。(磨くという行為にはまだ遠いですが…)音楽が流れると同時にいるかの頭も光ります。

1曲は約2分間なので、この1曲を目安に歯磨きができますよ。

 

④口に入れるだけで磨けてる(と思い込みたい)

電動歯ブラシなので、手を動かしてゴシゴシする必要がなく、1分間に2万2千回の振動が歯を磨いてくれます。なので、子どもは最小限の動きで磨きやすいはず。

ちなみに、ボタンを押すたびに、2分間の振動+音楽が流れます。

 

⑤電動だけど耐水性が高い

また、耐水性が高いので、水ぬれを気にしないで使える点も◎です。

 

とこんな感じで、子どもが楽しく歯磨きできる『光る&音楽付きの電動歯ブラシ』

個人差があると思いますが、うちはこの電動歯ブラシで、今のところは定期的に磨くようになっています。

「子どもが歯磨きを嫌がる」とお困りのママ&パパさんは、一度お試しください。

スポンサーリンク