フランスでの出産準備リスト。実際に必要/不必要だったものまとめ

赤ちゃんの靴
スポンサーリンク

フランスで出産する際にも、事前に病院から入院用の準備リストをもらえます。

フランスにしてはご丁寧にリストアップしてくれているのですが、実際に必要なかったものもあったので、何が本当に必要だったかを振り返ってみます。

また、リストには書いていなかったけど、用意しておくと便利なアイテムも残します。

【◎】→必須 / 【○】→あると良かった / 【△】→場合によっては必要 /【×】→必要なかった

【赤ちゃん用】出産の入院準備リスト 

以下、病院でもらったリストに沿ってご紹介します。

出産時に必要なもの

  • 【◎】肌着(ボディ)1枚
  • 【◎】パジャマ 1枚
  • 【◎】室内用のくつ(靴下)1セット : 新生児用の靴下で良いです。
  • 【◎】コットンのぼうし 1枚
  • 【×】カーディガン 1枚 : 部屋があったかいので必要なかったです。

入院中に必要なもの

  • 【◎】肌着(ボディ)6枚 : 私は一週間ほど入院したので、もっと枚数が必要でした。通常は2〜3日で退院する事が多いそうなので、6枚あれば充分かと。
  • 【◎】パジャマ 6枚 : 同上。一週間以上入院する場合は、もう少し枚数が必要。
  • 【◎】コットンのぼうし 2枚
  • 【◎】よだれかけ : 授乳が頻繁なので多めに。私は10枚くらい用意しました。
  • 【○】室内用のくつ(靴下)4セット
  • 【○】ジゴトゥース(スリーパー)1〜2枚 : 1枚あれば充分でした。
  • 【○】Liniment oléo calcaire(オリーブオイルでできたおしり拭きクリーム): 最初はお水とコットンのみでお尻ふきをしていましたが、お尻が荒れてきてからは、このLiniment oléo calcaireを使用しました。どこの薬局にも売っています。
  • 【○】(追加)コットン : Liniment oléo calcaireでお尻を拭くときに必要でした。病院でもコットンは用意してありますが、ちぎって使うタイプのコットンで使いにくかったです。何かしらカット済みのコットンがあると便利。
  • 【○】(追加)哺乳瓶を洗うスポンジ : 洗剤は病院で用意してくれていましたが、スポンジはありませんでした。入院中、コットンで哺乳瓶を洗っていたので、哺乳瓶専用のスポンジがあれば便利でした。
  • 【△】バスタオル 4枚 : 病院が用意してくれていたので、あまり使わず。1〜2枚あれば充分でした。
  • 【△】おむつ(3〜5キロ用)1パック : 病院が用意してくれていたので使用せず。
  • 【△】体温計 : 助産師さんも持っているので、なくても大丈夫です。
  • 【△】ボディシャンプー : 病院が用意してくれていたものを使いました。
  • 【×】くし : くしでとかすほど髪の毛がないので必要なし。
  • 【×】カーディガン 2〜3枚 : 入院している部屋はあったかいので、カーディガンは使いませんでした。外出用に1枚あればいいかと。

退院時

  • 【◎】季節に合った洋服 1枚
  • 【◎】コートかコンビネゾン 1枚
  • 【◎】ニット帽
  • 【◎】車のチャイルドシート(車で帰宅の場合)

【ママ用】出産の入院準備リスト 

出産時に必要なもの

  • 【○】(追加)お水 : 出産中は口が渇くので、水分が必要でした。
  • 【△】大きめのネグリジェもしくは大きめのTシャツ : 病院が背中開きのネグリジェを貸してくれました。無痛分娩で麻酔を背中に打つ時に便利だったので、病院の背中開きのネグリジェがベストでした。
  • 【△】フェイシャルスプレー : 出産中は口が渇き、お水がなかったので、パートナーが私の口の中にこのフェイシャルスプレーをかけるという、まさかの使い方・・。

入院中に必要なもの

  • 【◎】パジャマもしくはネグリジェ 3〜4枚 : 母乳の方は前開きのものを。
  • 【◎】授乳ブラ 2枚 : 母乳の場合、汚れることもあるのでもう少し数があってもいいかも。
  • 【◎】スリッパ 1セット
  • 【◎】(追加)円座クッション : 産後はデリケートゾーンが痛く、座るのがつらかったので、この円座クッションが活躍しました。日本から仕入れる方が、安くて種類が豊富。
  • 【◎】(追加)化粧水、乳液、リップクリーム 
  • 【◎】(追加)はぶらし
  • 【◎】(追加)ティッシュ
  • 【◎】(追加)靴下
  • 【◎】(追加)携帯電話、携帯電話の充電器
  • 【◎】(追加)退院用の服 : デリケードゾーンが痛くてズボンをはくのがつらかったので、スカートがおすすめです。
  • 【○】(追加)お菓子や食料 : 病院の食事が質素で激マズだったので、パートナーに食べたいものを買ってきてもらいました。格安航空の機内食以下のレベルです。食文化のフランスなのに(涙)。入院後に判断するので良いです。
  • 【○】超吸収タイプの生理用ナプキン 1パック : 私は病院が用意してくれていた特大ナプキンを使用しましたが、この特大ナプキンは、使いにくかったというママさんの声も聞くので自分の使いやすそうなタイプを用意しておくといいです。
  • 【○】母乳パット(母乳の場合)
  • 【△】コットンのショーツ12枚 : 病院が用意してくれた使い捨てのショーツを利用したので、12枚も用意する必要はなかったです。
  • 【△】バスタオル4枚 : 私は一週間入院しましたが、2枚あれば充分でした。
  • 【△】デリケートゾーン専用の低刺激のボディソープ : 必須ですが、病院がたくさん用意してくれていたので、持参したものは使わず。
  • 【×】ウェットタオル : 日本のサラサラパウダーシートを持参しましたが、使用せず。
  • 【×】ガウン 1枚 : 使うタイミングがなかったです。

【パパ用】出産の入院準備リスト

  • 【◎】カメラ
  • 【○】飲み物
  • 【△】おなかがすいた時のおやつ(←かわいい)
  • 【△】南京錠 : 使用しませんでしたが、病院では盗難もよくあるそうです。私が入院中にパソコンを使っていると、助産師さんから「盗難が多発しているから気をつけてね!」と言われました。フランス恐るべし!
  • 【△】雑誌 : 読む余裕はないかも・・。

その他で必要なもの

  • 【◎】血液型のシート
  • 【◎】Livret de famille
  • 【◎】赤ちゃんの認知証明書(未婚の場合)
  • 【◎】身分証明書
  • 【◎】Carte vitale(国民保険のカード)
  • 【◎】Carte de mutuell(任意の保険のカード)

 

以上、フランスでの出産に必要な入院の準備リストでした。

病院によっても違いがあるかもしれないので、参考までに。

私は、出産予定日よりも1カ月早い出産となり、入院後に慌てて用意したものも多かったので、早めに準備しておくことをおすすめします!

スポンサーリンク