フランスの滞在許可書更新の続き〜OFFIの説明会(CIRにサイン)へ行く〜

スポンサーリンク

フランスの新しい滞在許可書(Vie privée et familiale) を待っているあいだ、OFFIからの呼び出し状が届いていました。

呼び出し状の内容は、CIR(Contrat d’integration republique =ヨーロッパ人以外の外国人が、フランスに長期的に滞在するための取り交わし的なもの)にサインをするために、○月○日○時〜(先方指定日)の説明会に出席するように、とのこと。

さらに、出席は必須で、遅刻も厳禁。旦那や子どもなど同行者は認めない。だと。

おおぉ、何だか厳しそう・・・。

 

滞在許可書(Vie privée et familiale)の更新【申請】【受領】については、こちらの記事を参照下さい。

➀プレフェクチュールの憂鬱。フランス滞在許可証(Vie privée et familiale)の更新【申請版】

➁プレフェクチュールの憂鬱。フランス滞在許可証(Vie privée et familiale)の更新【受領版】

OFFI説明会 当日の流れ

ということで、OFFI指定の日時に行ってきました。

時間になるまでは会場へ入れないので、外国人が扉の前に続々と集まってきます。

もちろん列をつくる人は皆無、みなランダムに待機している上に、扉があいた瞬間、我先にとおしくらまんじゅう状態になるもんで、「おーい、早く入っても説明会の開始時間はみな同じだよー」と心の中で呼びかける。

「遅刻は認めない」と、呼び出し状には書いてありましたが、余裕で遅れてくる外国人も多数。しかも普通に入場しているし、意外とユルイ。

担当者からの説明

最終的に30人ほどの外国人が集結し、説明会スタート!

うちはパリ郊外の外れということもあり、アジア人はひとり。どこか知らない国にひとりで来た気持ちになり、ドキドキしてきます。

まず始めは、担当職員から、本日のプランについての説明があります。以下のような流れで進行しますよ、とのこと。

  1. フランスに長期滞在するための、大まかな概要説明
  2. フランス語のレベルチェックテスト(後述)
  3. 個人面接&CIRにサイン(後述)

 

「フランスに長期滞在するための、大まかな概要説明」の中では、このような話がありました。(以下)

この日CIRにサインをした後は、2種類のformation civique(移民のための講座)に出席し、必要があればフランス語の講座(この日のフランス語テストで要・不要か判断される)を受ける必要がある。

それらが終了したら、次の更新の際には、2年 or 4年の長期滞在許可書をもらえる。(2016年1月に改訂されたそう)

 

ということなのです。

なるほど!この必須のformation civiqueに参加していないから、私は今回の滞在許可書が3年もらえる話が1年になっていたのか(※)、と納得しかけました。

ただ、前回プレフェクチュールの担当者は、2年とか4年ではなく、「3年」の有効期限と言っていたし、いまいち話がかみ合ない。

まぁ、考え出すとキリがなさそうなので、次へ進みます。

(※)前回の記事についてはこちら:➁プレフェクチュールの憂鬱。フランス滞在許可証(Vie privée et familiale)の更新【受領版】

フランス語のレベルチェックテスト

フランスへ長期滞在するための概要説明が終わると、A1レベルを満たしているかの試験があります。(レベルに満たしてなければ、後にフランス語講座を受講しなければならない)

両面6枚綴り分の問題を、20分間で回答するという内容。

A1レベル以上のフランス語力あれば内容は易しいですが、ひっかけ問題なんかもあり、20分で回答するのはギリギリでした。

 

ちなみに、フランスの大学など、公的機関で取得したディプロムがある人は、このテストは免除です。(早く帰宅できるはず)

私は、フランスの語学学校に通っていた際のレベル認定表を持っていましたが、私立の学校のディプロムは対象外ということで、試験は必須でした。

担当者との面接

フランス語のレベルチェックの試験が終わった後は、ひとりずつ面接に呼ばれます。

どのような順番に呼ばれるのかは不明ですが、後半に呼ばれる人(←私)はかなり待ちます。なもんで、後半になると、どこかのお国の人たちは、「なんでこんなに待たされるんだよー」と、職員へブチ切れしだす始末。

よく見る光景ですね。読みたい小説など持参することをオススメします。

 

結局、1時間半以上も待たされ、名前を呼ばれる頃にはすでに夢の中・・。(一番最後に呼ばれましたっ)

寝ぼけまなこをこすりながらも、全力の笑顔で職員と面接。

面接では、生年月日や住所など、基本的な個人情報を聞かれた他、今後のフランスでの展望などをお話しました。また、前述のフランス語のテスト結果により、フランス語の講座を受けるか/免除か、という話もあります。

そして、CIRなどの書類にサインをし、「これは次の更新で必要だから、絶対になくしちゃだめだよ」と念押しされ、最後に、この次の段階のformation civiqueへ参加する日程や場所を決めて、晴れて(?)終了!

ちなみに、健康診断は受けなくて良いとの事でした。ほんとかね?

 

この説明会は半日で終わりますが、終了後にはドッと疲労感が・・・。

次は2日にわたる「formation civique」が待っています。

スポンサーリンク