【フランス在住者】赤ちゃんのパスポート申請の手続きと必要書類

フランスと日本のパスポート
スポンサーリンク

フランスで赤ちゃんを出産してから、4、5カ月後に赤ちゃんと日本に一時帰国する予定があったので、赤ちゃんのパスポートをつくりました。

その際の手続きと必要書類について、日本版、フランス版と備忘録として残します。

※以下、2016年2月に手続きした際の情報です。

日本のパスポート申請の必要書類と手続き

生まれた赤ちゃんの日本のパスポートを作るには、在仏日本大使館へ申請に行きます。

私の場合は、まず大使館に出向いて書類は何が必要か聞きに行きました。

その際、教えてもらった必要書類はこちら。

赤ちゃんのパスポート申請に必要な書類

  • 一般旅券発給申請書
  • 赤ちゃんのパスポート用写真1枚(縦5cm ×横3.5cm)
  • 戸籍謄本1通(申請日から6カ月以内に発行されたもの)
  • 赤ちゃんのフランス出生証明書、またはLivret de famille
  • 赤ちゃんの親(代理申請者)のフランス滞在許可証
  • 申請料:43ユーロ(パスポートを受け取る日に、現金のみで支払い)

 

一般旅券発給申請書は、大使館にあるので、申請時に現地で直接記入もできます。

ですが、書く項目がわりとたくさんあるので、事前に用紙をもらって家でゆっくり書いてから提出するのがおすすめです。

 

赤ちゃんの写真は、近くのカルフールに撮影場所があったので行きました。

ここは赤ちゃんを座らせて撮影するタイプだったので、首のすわっていない新生児を座らせる&前を見るようにあやすのにてこずって1度目は失敗に終わり、2度目、別の日に撮影しに行きなんとか写真ができました。

赤ちゃんを寝かせて撮影する所もあるそうです。

 

申請して赤ちゃんのパスポートができるまでは1週間です。けっこう早い!

赤ちゃんのパスポートができたら、赤ちゃんと一緒に来館し取りに行きましょう。

赤ちゃんのパスポート申請の流れ

上記にあるように、申請書類には、赤ちゃんの名前が反映された戸籍謄本が必要です。

なので、申請する時点で、すでに日本への出生届けの手続きを終えていて、なおかつ新しい戸籍が反映されている状態でなければいけません。

さらに、赤ちゃんの名前の入った新しい戸籍を日本の家族に送ってもらうという作業も必要。

赤ちゃんが生まれてすぐにパスポートを利用する場合は、パスポート申請のスケジュールを考えて旅行の予定を立てたほうが良いです。

要は、大まかな流れとしてはこのような感じでした。

  1. 在仏日本大使館にパスポート申請の必要書類を確認(出産後は忙しいので、できれば出産前に確認しておくのが理想)
  2. 赤ちゃんが生まれたら、在仏日本大使館に出生届けをする(これで日本の戸籍に赤ちゃんの名前が反映される)※出生届けから戸籍反映までは約2カ月
  3. 赤ちゃんの名前の入った新しい戸籍ができたら、その新しい戸籍を日本の家族や知人に頼んでフランスまで送ってもらう。日本からフランスの家に届くまで約3〜7日(フランス郵便事情のハプニングを除く)
  4. 余裕のある日に、パスポート用の赤ちゃんの写真を撮影しておく(新生児の場合、撮影困難な場合も予想して早めに撮影しておく)
  5. パスポート申請 ※申請からパスポートができるまでは約1週間

 

在仏日本大使館(AMBASSADE DU JAPON EN FRANCE)
  • 住所:7AVENUE HOCHE 75008 PARIS
  • 開館時間:月~金 9h30~13h00,14h30〜17h00

フランスのパスポート申請の必要書類と手続き

次は、赤ちゃんのフランスのパスポートをつくる場合です。

フランスのパスポートは、市役所(Mairie)へ申請に行くので、住んでいる地域の市役所へ必要書類を確認しに行きました。(インターネットで確認もできる。)

※管轄の市役所によっては必要書類が若干違うかもしれないので、参考までに。

赤ちゃんのパスポート申請に必要だった書類

  • パスポート申請用紙
  • 住居証明書 原本+コピー(申請日から3カ月以内に発行されたもの)
  • 申請者となる親の身分証明書 原本+コピー
  • 赤ちゃんのパスポート用写真2枚
  • 赤ちゃんの出生証明書 原本1枚(申請日から3カ月以内に発行されたもの)
  • 申請料17ユーロの印紙(TABACなどで購入できる。ネットでも支払い可)

 

フランスの市役所へ申請に行くには、日時の予約が必要でした。

フランスだからパスポートもらえるのはどうせ遅いだろうなー、と思っていたら、申請してから1週間後に「パスポート取りにきてねー」と連絡が!

 

赤ちゃんのパスポートを取りに行くときは、赤ちゃんも同行で行かなければいけません。

今回は、パスポートの申請時はパートナーが行い、取りに行くのは私が来館したので、申請者と受領者が違うという事で、市役所の人に「本当に離婚してないよね?」など、いろいろ聞かれてちょっと面倒でした。本来、申請者と受領者は同じ人が行かなければならいようです。

日本版、フランス版、どちらも赤ちゃんのパスポートは5年用です。

以上、フランスでの赤ちゃんパスポートの申請についてでした!

スポンサーリンク