赤ちゃんの頭がペタンコに!絶壁の改善策2(フランス版)

赤ちゃん 女の子
スポンサーリンク

新生児の頃は、頭の形がとってもきれいだった我が子。

3カ月になった頃から、後頭部がぺったんこになり、薄毛も極めて絶壁が目立つようになってきました。

まだ仰向けに寝ている時間が多いので、ハイハイするようになればマシになるだろうと、私はそこまで気にしていませんでしたが、フランス人のパートナーがとてつもなく気にする!フランス人にとって絶壁は珍しいようです。

 

そこで、お医者さんに絶壁を相談し、念のために大げさな頭の検査までした後、オステオパット(ostéopathe)を奨めてもらい通うことになりました。

赤ちゃんの絶壁 改善策1:オステオパット(ostéopathe)

オステオパット(ostéopathe)とは?

3カ月の子どもは絶壁を治すため、オステオパット(ostéopathe)に行くことになりました。

日本人には聞き慣れないオステオパット(ostéopathe)

 

これは何かというと、私の感覚ではマッサージや整体、カイロプラクティックに似たようなものです。

その専門の人に言わせれば、オステオパットは整体やカイロなどとは一線を画した、独特の哲学を持ったアプローチらしいですが。

とにかく、施術師が手の指先を使って、体の運動器系や循環器系、脳神経系を刺激し、また自然治癒力も高めてくれるものです。

 

フランスでは、赤ちゃんから大人までオステオパットを利用している人が多く、オステオパットの施術を受けることのできる場所もたくさん見つかります。

赤ちゃんの場合は、絶壁に限らず健康状態を良くするために、新生児のうちにオステオパットで施術をしてもらうと効果的だそうで、新生児の赤ちゃんもオステオパットの待合室でよく見かけます。 

フランス人の家族もオステオパットにはよくお世話になっているようで、フランスではメジャーな施術のようですね。

オステオパットの施術

私も一度、産後の骨盤矯正のためにオステオパットを訪れたことがありましたが、施術師の手が温かく整体よりかずいぶん気持ちよかったです。

油断していたら何度かバキッとやられたが、施術後は随分体がラクになりました。

 

赤ちゃんの施術の場合、もちろんバキッとされる事はないので大丈夫です。

施術師が優しい力でおなかや足・頭などの全身を触り、どちらかというと確認する作業のような施術でした。

施術中、赤ちゃんは頭や体を触られると嫌がるだろうなー、と思っていたけれど、施術師の先生が美女だからか、毎回息子はご機嫌でオステオパットを受けていました。

 オステオパットの後は、いろんな部位を刺激されて疲れるようで毎回コロンと寝ます。

 

だた、このオステオパット、整体などと同じく一度行ったからといって劇的に絶壁が治る、魔法のようなものではもちろんありません。

最初は週に1回のペースで1〜2カ月通院し、その後は1カ月に1回のペースで通っていました。

 

そして、1回の施術料が80ユーロ。たかっ!

しかも、フランスのセキュ(国民保険)の保障外で、ミチュエル(任意の保険)に申請すれば、気持ち程度の額が後から返金されますが、まぁほぼ自腹ですね。

赤ちゃんの絶壁 改善策2:cale-bébé

そして、オステオパットの美人先生に、家でもできる絶壁対策として「cale-bébé(RED CASTLE)」を使って寝るようにおすすめしてもらいました。

cale-bébé

cale-bébé(RED CASTLE)

cale-bébé(RED CASTLE)の使用方法

写真のようにクッションが2つ付いているので、このクッションの間に赤ちゃんを頭から体全体まで横向きに固定して寝かせます。

その日、頭を右下で寝かしたら、次の日は左下に寝かせ、1日おきに頭の左右の向きを変えます。

 

おねんね時、このcale-bébéを使っても、数時間したらまた仰向けバンザイの状態になっていることも多々あり、また横向きに固定し直す、という作業も若干必要です。

夜中は親も爆睡しているので、朝気づいたら、また仰向けに寝てる〜!という事もあるので、効果の程はわかりませんが、数時間でも横向きにしていれば、何もしないよりかは効果があるかなと。

 

オステオパットに通い続け、cale-bébéを使って横向きにおねんねしたかいあり(?)、少しは絶壁がマシにはなった気がします。

が、まだ完全に頭の形がよくなったわけではないので、根気よく続ける予定です。

 

オステオパットの美人先生の話によると、やはりアジア人は頭の骨格が横に広がる遺伝子があるので絶壁になりやすく、ある程度は平になっても仕方ない、とのこと。

逆にアフリカ人だと、頭の後頭部が後ろに突き出ていて、どんなに仰向けの状態を続けていたとしても、絶壁にならないのだとか。

 

赤ちゃんの絶壁でお悩みの方は、

オステオパットに通い

cale-bébéを使っておねんねさせる

という事を試してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク